本文へスキップ

地域の皆様のコミュニティセンター

大和区民活動センター

ようこそ!大和区民活動センター運営委員会です。


大和区民活動センター運営委員会のホームページにようこそ!
大和地域の情報や運営委員会の事業、大和区民活動センターの窓口情報などをお知らせしています。
ぜひご活用ください。
  

Information ーお知らせ 

  6月3日(月)~9月30日(月)まで、館内内装工事のため事務所業務以外はご利用になれません。
 町内の皆さまには、集会室やロビーなどが使えなくなりご不便をおかけしますが、きれいで快適な施設を目指しての内装工事に、何とぞご理解・ご協力をお願いいたします。
 
●ご利用いただけない施設
<3階施設>
和室(1・2・3・4号室)・調理室・トイレ・エレベーター
<2階施設>
洋室(1・2・3号室)・地域活動室・トイレ・エレベーター
<1階施設・業務>
ホール・トイレ・集会室貸し出し・エレベーター
<地下施設>
レクホール・音楽室・トイレ・エレベーター

*工事期間中のトイレは、館外に簡易トイレを設置する予定です。 
●ご利用いただける業務
・車椅子貸し出し
・印刷、コピー
・公園使用申請
・交換便受付
・団体登録申請
・パスポート申請書
・保育園申込書
・都営、都民(区営、区民)住宅申込書
・掲示板受付
・廃油、乾電池、小型家電、蛍光灯回収
・民生・児童委員関係事務
*工事期間中の代替集会室の利用と集会室抽選会については「窓口業務のご案内」をご覧ください。 
●内装工事期間中は、運営委員会事業の「カフェカトレア」「健康体操カトレア」「大和ギャラリー」 「しゃべっても良員会」はお休みさせていただきます。

■更新しました■
 ●2019・5・21 アイデアのある作品ばかり「杉の子大和作品展」<大和ギャラリー>
 ●2019・5・10 賑やかに始まった子ごころ園の「こいのぼりづくり」<大和の子供たち>
 ●2019・4・18 大和西児童館「新1年生歓迎会」<大和の子供たち>
●2019・5・17 令和最初の「運営委員会総会」
 ●2019・5・16 麻雀って、効能が色々あるんです「土曜の友」<一緒にやろうよ>

<掲載履歴>
5月16日   令和最初の「運営委員会総会」
3月22日   平成最後の「運営委員会・全体会」
3月9日   「<第2回>町会・自治会対抗レスキュー大会」
3月10日   地元の皆さんに感謝!「青少年育成バザー」
3月1日   DVD講演が好評だった「家庭の防火・防災講座」
2月5日  「大和町町会連合会・新年懇親会」
1月30日   関口さんと新井さんが大活躍!「カフェカトレアの節分」
1月16日   新春にふさわしい題目でした「カフェの朗読の会」
2019年1月1日   2町会が力を合わせて「八幡神社初詣甘酒提供」
12月2日   武蔵野音楽大学学生による弦楽四重奏~「大和クリスマスコンサート」
11月3日   応急手当法が身についた「日赤フェスタ」
 10月24日  今やカフェのイベントとして、しっかり定着した「朗読の会」
 10月7日・8日・14日20日・21日 平成最後の思い出に「<第43回>大和地区まつり」
 
9月21日~30日   台風予報のため本部は早じまいした「秋の全国交通安全運動」
9月21日   初めての防災落語に大笑い!「知って得する防災講座」
9月10日   今年も楽しく健康に!「敬老の集い」
9月20日   友愛会の皆さんに感謝!「全国社会奉仕の日」
7月25日   5回目の出演も紙芝居と朗読のコラボ「カフェカトレアで朗読の会」
6月17日   野方消防団第5分団も大活躍「大和地区合同防災訓練」
5月27日   参加者には、すべてが初体験でした「日赤炊き出し訓練」
6月4日   健康体操カトレア初の「ボッチャゲーム」
5月17日   大和区民活動センター運営委員会「<第9期>定期総会」
4月18日   カフェで初の2本立て「大和朗読の会・紙芝居と朗読」
4月6日~15日    今年も始まりました「春の全国交通安全運動」
3月10日   東町会の恒例イベント「芋煮会」
3月1日   改めて防火に対する意識を高めた「家庭の防火講座」
2月28日   華やかで賑やかなひと時でした「カフェカトレアの雛まつり」
2月14日   3回目の今回も大好評でした!「カフェカトレアの朗読の会」
2月6日   5町会の団結を確認し合った「大和町町会連合会新年懇親会」
1月28日   町内の皆さんに喜んでいただけた「野方消防団第5分団本部見学会」
1月31日   マリオ鬼の出現で盛り上がった「カフェカトレアの節分」
2018年1月1日   今年も暖かい甘酒が大好評!「八幡神社初詣」

令和最初の「運営委員会総会」

 5月16日(木)19:00から当センターにおいて、令和最初となる総会が開かれました。
 西山運営委員会会長、鳥井鷺宮すこやか福祉センター所長、大場アウトリーチ推進担当課長のご挨拶で始まり、新しく運営委員・役員に就任された方のご紹介を行いました。
 30年度の業務・広報・会計報告に続き、2019(令和元)年度の事業・広報計画案等について審議・決定しました。
 最後は当日をもって運営委員・役員を辞任される方と新しく運営委員・役員になられた方々のご挨拶で、和やかに令和最初の総会は終わりました。

平成最後の「運営委員会・全体会」

  3月22日(金)19:00から当センターにおいて、平成としては最後になる全体会が開かれました。運営委員会会長の西山氏と、鷺宮すこやか福祉センターの青山所長と葉山副参事のご挨拶で始まり、30年度の業務報告・会計報告に続き、運営委員会規約改定と運営ルールについて審議されました。また、6月から9月までの改装工事に対する対応と、新年度の事務局体制も検討されました。年号が変わる新年度を迎えるにあたって、改めて運営委員会の団結を確認しました。

 

「<第2回>町会・自治会対抗レスキュー大会」

 3月9日(土)白鷺せせらぎ公園多目的運動場に、北部エリア32チームを集めて開催されました。大和地区からは、西部自治会・北協和会・中町会の4チームが参加しました。競技内容は、①資機材搬送と倒壊家屋からの救出②傷病者への三角巾の応急処置③担架を作成し傷病者担架搬送④スタンドパイプによる消火活動の4コースを、性別・年齢ごとのハンディキャップ競技で競い合いました。当日は春先のような気候に恵まれ、高年齢層の我々にとっては最高のコンデションで“入賞間違いなし!”と予想しましたが、北鷺町会Dチームの活動スピードが速く、平素からの訓練の積み重ねが功を奏したとのことでした。防火防災は、日頃からの心掛けと訓練が必要とつくづく感じた一日でした。
   

地元の皆さんに感謝!「青少年育成バザー」

 3月10日(日)当センター2階の洋室2・3号室で開催され、衣類・雑貨・カバン・子供の4つのコーナーで販売しました。今回、商品を提供してくださった地元の方々は70人を超え、売上は予定金額を上回りました。大切に来年度の活動資金にさせていただきます。ありがとうございました。


DVD講演が好評だった「家庭の防火・防災講座」

3月1日(金)当センターの2階洋室2・3号室に40名の参加者を集めて、13:30から開催されました。野方消防署大和出張所所長の渡辺 学氏がDVDを使って「家庭でできる火災予防」を講演してくださいました。火災で発生する、フラッシュオーバーと一酸化炭素を含んだ煙の怖さを、参加者の方々はしっかり頭に叩き込んだようです。終了時には、書き込んでいただいたアンケートと引き換えに、住宅用火災警報器とアルファ米をお持ち帰りいただきました。アンケートには「ビデオを使った講演はとても良かった」「家庭での火災危険が十分理解できた」「家族で話し合うきっかけになった」など、嬉しい感想をいただきました。


新しい元号を控えて町会の団結を固めた「大和町町会連合会・新年懇親会」

 2月5日(火)18:00から、高円寺駅前の豊味苑で5町会の新年懇親会が行われました。各町会の会長・役員の方々に、来賓の地元議員さん7名を加えた58名の皆さんが参加されました。運営委員会会長の西山篤臣さんの乾杯の後、議員さんの挨拶があって自由懇談に入りました。最初は町会ごとに分かれていましたが、宴が進むにつれ町会の垣根を越えた交流になり、活気ある新年懇親会になりました。

関口さんと新井さんが大活躍!「カフェカトレアの節分」

 1月30日(水)カフェカトレアで恒例の節分が行われました。午前と午後の2回に分けて豆まきがあり、防災士の関口さん扮する赤鬼と、北協和会の新井さんの青鬼が登場しました。約25名のほとんどはお年寄りでしたが、皆さん子供のように興奮して鬼に豆を投げつけていました。今年も和やかで楽しい節分でした。

新春にふさわしい題目でした「カフェの朗読の会」

 1月16日(水)13:00から、今年初めての朗読の会の公演がありました。選んだ題目は「十二支の始まり」「鬼のふんどし縫えるかい」「鶴亀」など、新春を意識したお話ばかりでした。お客さまも満席に近い20名ほどが集まり、30分間の楽しいお話に聞き入っていました。

2町会が力を合わせて「八幡神社初詣甘酒提供」

 12月31日(月)23:30頃から、八幡神社参道に初詣の参拝客が集まり始めました。恒例の甘酒提供は、東町会と一和町会の合同当番でした。両町が協力して、30日と31日で1500杯もの甘酒を用意しました。午前0時に始まった参拝を終えた方々に配った甘酒は、皆さんの体も心も温め、新しい年の始まりを和やかな気持ちで迎えられたことと思います。町会の皆さん、寒い中本当にありがとうございました。 

~武蔵野音楽大学学生による弦楽四重奏~「大和クリスマスコンサート」

大和町を彩る弦楽四重奏の調べ
 12月2日(日)大和区民活動センター地下レクホールにて、武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科に在学中の4名の学生さんお招きして、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの弦楽四重奏を披露していただきました。前半はモーツァルトやブラームスなどのクラシックの名曲で、後半は“となりのトトロ”“パイレーツ・オブ・カリビアン”クリスマスメドレーなどを演奏していただきました。小学生以下のお子様からご年配の参加者の方まで、皆さんになじみの深い曲が多く、合間にクラシックの曲の説明もしてくださり、皆が楽しめるコンサートでした。今回、演奏してくださった4名の学生さんは、日頃より「ブラック・カルテット」と言う名前で演奏活動をしているそうで、息もぴったり合っていました。弦楽四重奏の奏でる美しい音色に参加者の方々は「弦楽四重奏の生の演奏が聴けて、とても感動しました」「美しい音色を聴くことで日頃のストレスから解放され、癒されました」と、少し早いクリスマスを優雅に過ごされていました。
   

応急手当法が身についた「日赤フェスタ」

 11月3日(祝)桃花小学校体育館に、中野区内の14地区分団が集合し、三角巾を使った応急救護手当法のコンテストが実施されました。大和地区からは、北・西地区の計20名が出場し、日頃の手当法の技を競い合いました。災害発生時や非常時事故などに対応するための競技で、とても有意義なフェスタでした。

今やカフェのイベントとして、しっかり定着した「朗読の会」

 10月24日(水)に朗読の会の6回目の出演がありました。約30名のお客様の前で、今回は「ゲンじいとカッパ」の紙芝居と「野菊の墓」の朗読を演じてくれました。次回は1月16日の予定です。お楽しみに。

平成最後の思い出に「<第43回>大和地区まつり」

 子供もお年寄りも大興奮!「輪投げ大会」
 10月7日(日)今年の大和地区まつりは、大和友愛会が企画する「輪投げ大会」で幕が開きました。会場のセンター地下のレクホールには、子供からお年寄りまで18名が参加し、一投ごとに歓声や悔しがる声が飛び交いました。全員に参加賞が配られ、和やかで楽しい一日になりました。
 
7チームによる和やかな熱戦!「ソフトボール大会」
 10月8日(月・祝)今年も四中グラウンドに7チームが集合し、午前・午後の2部制で行われ、それぞれの部で優勝を競いました。08:50の開会式後すぐに4チームでの午前の部が始まり、昨年に続き「四中先生チーム」が2連覇を果たしました。午後の部は3チームによる戦いでしたが「のんべーずチーム」がみごと優勝に輝きました。チームには女性や子供も参加していて、地区まつりにふさわしい親睦ムードの大会でした。
体育館で熱戦が繰り広げられました「卓球大会」 
 10月8日(月・祝)9時30分~啓明小学校体育館にてミックスダブルスの卓球大会が行われました。26組52名が参加し、習熟度別に(A)~(D)まで4つのグループに分かれ熱い試合が繰り広げられました。各グループの優勝は(A)は山田さん・宮崎さん組、(B)は経澤さん・吉永さん組、(C)は小野口さんご夫婦、(D)は松本さん・村山さん組でした。卓球部の中学生から地域の卓球愛好家のシニアまでたくさんの方が参加していて、あらためて卓球は幅広い世代に人気のスポーツなのだと実感しました。
 
地区まつりのフィナーレイベント「文化祭」
 10月20日(土)21日(日)の2日間にわたり、当センターの全館上げて開催されました。20日の10:00からの開会式は、やまと太鼓の演奏とテープカットで華々しい文化祭の幕開けでした。20日は文化祭のメーンイベントの一つ「ふれあいステージ」が地下レクホールで行われ、ダンスやお笑い芸・朗読・占い・楽器演奏・コーラスなど、10組の出演者が50名を超える観客を沸かせました。3階の和室では、囲碁好きのための大会が催されました。21日は地下レクホールで、町内ののど自慢が「カラオケクラブ」で盛り上がり、センター前庭で開催した「杉の子バザー」は大勢のお客さんで賑わいました。20日・21日通して行われたのは、もう一つのメーンイベント「作品展」と「お茶席」「喫茶コーナー」です。2日間行われたどの会場も、昨年を上回るお客さんで、平成最後の「大和地区まつり」は大成功で幕を閉じました。
   

台風予報のため本部は早じまいした「秋の全国交通安全運動」

 9月21日(金)~30日(日)の予定で、今年もセンター前に本部用テントを張って始まった秋の交通安全運動。5町会の皆さんが当番を決めて、町内の交通安全を見守りました。強力な24号台風が週末に近づく予報のため、残念ながら28日(金)に本部は撤去されましたが、雨の降る中も最後まで運動を続けてくれた皆さん、本当にご苦労さまでした。 

初めての防災落語に大笑い!「知って得する防災講座」

 9月21日(金)あいにくの雨の中、当センター2階洋室2・3号に50名の参加者が集まりました。第1部は笑福亭希光さんの“防災落語”。落語で防災をやるのは初めて、と言っていましたが、自分の芸名の由来で笑わした後は見事に防災の心構えに落としていました。さらに、得意のヴァイオリン演奏も披露してくれました。第2部は、中野区防災リーダー関口俊夫さんによる“防災・減災の知識と行動”。大和町を取り巻く危険環境への注意から、エコノミークラス症候群やクラッシュ症候群に対する予防と対処法について教わりました。今回は笑福亭希光さんのおかげで、笑いで会場が和んだ後に有意義なお話が続く、とてもメリハリのある防災講座でした。

今年も楽しく健康に!「敬老の集い」

 9月10日(月)今年の「敬老の集い」は野方警察の“ふれあいポリス”と“トリム体操の山本先生”と“大和朗読の会”に出演していただきました。メークもファッションもさらに華やかになった“ゴージャスおばあちゃん”と、
パンチパーマの詐欺師役のふれあいポリスが、コント風に新手の振り込め詐欺の事例を具体的に挙げて「野方地区も被害者が多いので皆さん、気を付けてください」と注意喚起を促していました。大和朗読の会は落語「お伊勢参り東の旅」から題材をとった「七どぎつね」を紙芝居で朗読してくれました。山本先生のトリム体操は、座りながら懐かしい歌に合わせて上半身を動かしたり、円になってゲーム形式で体操をしたりと、誰でも楽しく参加できるプログラムでした。参加者の方々が笑顔で楽しんでいる姿が会場を温かく包んでいました。
 

友愛会の皆さんに感謝!「全国社会奉仕の日」

 9月20日(木)大和友愛会の12名の皆さんが「全国社会奉仕の日」に、大和町中央通りと八幡通りのゴミ拾いに精を出してくださいました。途中からポツリポツリ雨が降る中、本当にご苦労様でした。
   

5回目の出演も紙芝居と朗読のコラボ「カフェカトレアで朗読の会」

 7月25日(水)カフェカトレアで13:00~13:30の間、大和朗読の会が出演しました。前半は宮沢賢治作の「まつりのばん」を紙芝居で、後半は「うそ話し千両」を朗読で演じてくれました。集まった25名のお客さんたちの目と耳と心は、十分に癒されたようでした。紙芝居のレパートリーは、まだ30話くらいあるそうなので、まだまだ楽しめそうですね。
 

野方消防団第5分団も大活躍「大和地区合同防災訓練」

         <主催/大和地区町会連合会 協力/野方消防署、中野区防災分野>
 曇天の6月17日(日)区立第四中学校校庭において、9:00から12:00のスケジュールで5町会合同防災訓練を行いました。消火栓から直接取水して放水するスタンドパイプや、模擬消火器を使った消火訓練、煙ハウスでの煙体験、バールなどを使った救出救護訓練、AEDなどを使った応急救護訓練を187名の参加者が熱心に訓練しました。区立第四中学校の生徒も、民生児童委員の方々から実技指導を受けて、車いす介助の訓練に参加しました。生徒さんの感想として「道によって、車いすを押すのが大変だった。もっと道を整備するべきだと思った」「乗っている人に声掛けをして、不安をなくすることが大事だと分かった」など、車いす利用者への思いやりの気持ちが多く聞かれました。
 

参加者には、すべてが初体験でした「日赤炊き出し訓練」

 5月27日(日)会場の大和区民活動センターに63名が集まり、①長期保存用の「アルファ米」を使った炊出し②燃え上がる火に向けての消火訓練 ③野方消防署大和出張所の渡辺所長による防災講話、の内容で行われました。「アルファ米」で100人分の炊き込みご飯を作りましたが、乾燥米に熱湯を注いで30分でできる簡単さと美味しさに大変好評でした。実際の燃えている火に向けての消火訓練はリアルで、全員新鮮な気持ちで訓練に取り組んでいました。

健康体操カトレア初の「ボッチャゲーム」

 6月4日(月)当センター地下のレクホールで、初のボッチャゲームが行われました。参加した12名は、最初に長野先生からボッチャのルールを聞いた後、赤ボール組と青ボール組に分かれてゲームが始まりました。白のジャッジボールをめがけての一投一投に、歓声とため息がホールに響きました。「投げる加減が難しい」「頭も使うから楽しい」など、初めてのボッチャ経験は上々だったようです。

大和区民活動センター運営委員会「<第9期>定期総会」

 5月17日(木)大和区民活動センター2階に、鷺宮すこやか福祉センターの所長・副参事・主査・主事と大和区民活動センター運営委員26名が参列しました。第1号議案の今年度の運営委員と役員の承認に続いて、平成29年度の業務報告・収支決算報告や平成30年度の事業計画・予算案などの議案が続きました。他に「SNSマチマチ」への対応や、備品の運用要領・大和区民活動センター運営方針と運営ルールなどが話し合われました。

カフェで初の2本立て「大和朗読の会・紙芝居と朗読」

 4月18日(水)カフェカトレアで、大和朗読の会による2018年度第1回の朗読会が行われました。まず、紙芝居「じごくけんぶつ」約15分が上演されました。「じごくけんぶつ」は落語「じごく八景」を基に紙芝居にしました。朗読の会の7人が、登場人物になり切って演じてくれました。紙芝居の絵は、朗読の会メンバーが手分けして作成したそうです。
 次いで、朗読「結婚記念日」約5分を2人が朗読しました。結婚記念日にレストランに行く相談をする夫婦がいました。費用は、夫が昼食代を削って貯めた「へそくり」を充てよう、と夫が提案しました。妻は、苦労して貯めたお金を使うのはもったいないので、自分がステーキを焼く、と応じたそうです。結局おいしいステーキを自宅で食べた、というお話でした。20名近くの方々が2つの演目を熱心に聞いていて、上演後は拍手で朗読の会を讃えていました。

今年も始まりました「春の全国交通安全運動」<主催/野方交通安全協会大和地区>

 4月6日(金)の朝にはセンター前庭にテントが張られ、野方交通安全協会大和地区の本部が出来上がりました。午前と午後の一日2回、協会員15名の方々がローテーションを決めて詰め、町会の方のパトロールをサポートしています。15日(日)まで続く「春の全国交通安全運動」。協会の皆さん、町会の皆さん、本当にご苦労さまです。

東町会の恒例イベント「芋煮会」

 今年も「芋煮会」を3月10日(土)に早稲田通り公園で開催しました。災害時の炊き出し訓練を兼ね、中野区より災害救助用五目ご飯を提供していただき、豚汁とあわせて作りました。今年は野方消防署のご指導で、消火器の使い方の実地訓練や、野方警察署“ふれあいポリス”の方の振り込め詐欺防止対策のお話なども交えて、有意義な時間を過ごしました。120名の方々が参加し、皆でおいしくいただきました。

改めて防火に対する意識を高めた「家庭の防火講座」

 3月1日(木)センター地下1階レクホールで、大和町町会連合会と当センター運営委員会の共催で行われました。講師としてお招きした、野方消防大和出張所所長の菊池光治さんから住宅火災の現状をはじめ、火災から家を守るための住宅用警報器の説明を受けました。参加された37名の方々には、主催者が用意した「住宅用火災警報器」がプレゼントされるとあって、設置時の注意事項を一番真剣に聞いていました。講座を聴いて「帰ったら設置してある警報器の交換時期をチェックしたい」「各部屋に付けるよう一つずつ増やしたい」という感想を多くいただきました。主催者としては、大和町の皆さんの安心・安全のために、これからも「防災講座」は続けていきたいと思っています。

 
 


華やかで賑やかなひと時でした「カフェカトレアの雛まつり」

  センター1階ロビーで「大和の雛まつり」が開催されている最中の2月28日(水)カフェカトレアでも“雛まつりセット”でお祝いしました。お客さまはひな人形飾りや、可愛らしい吊るし雛に囲まれて、コーヒーと紅茶にセットされた桜餅と甘酒を楽しんでいました。73名のお客さまでセットメニューは完売し、とても賑やかな一日でした。

3回目の今回も大好評でした!「カフェカトレアの朗読の会」

 2月14日(水)のカフェカトレアで、大和朗読の会による3回目の朗読会が行われました。題名は「ロージン」。皆さんは老人のこと?と思っていましたが、野球のピッチャーが使うロージンパックのことでした。息子を残して亡くなった母親の魂が、ピッチャーをやっている息子が使うロージンに憑りついて、息子を応援するお話でした。毎回心温まるお話を読んでくれるカフェの朗読会を、お客さまは楽しみにしています。

5町会の団結を確認し合った「大和町町会連合会新年懇親会」

 2月6日(火)恒例の大和町町会新年会が、会場も恒例の高円寺駅前「豊味苑」で行われました。5町会の各会長をはじめ、町会の重鎮の方々に地元議員さんを含めて、62名の参加がありました。最初は町会ごとに分かれていたテーブルも、お酒が進むにつれて他町会の人や議員さんが入り乱れ、活気ある懇親会になりました。
 

町内の皆さんに喜んでいただけた「野方消防団第5分団本部見学会」

 1月28日(日)大和町内の児童生徒と父母を対象に、地元を守る消防団の活動を知ってもらおうと、野方消防団第5分団が分団本部の見学会を開催いたしました。災害時のために支給されているチェーンソーや油圧式救助器具、大型万能ハンマーなどの資器材の紹介、またAEDを使った応急救護が体験できました。当日は子供と大人を合わせ150名を超える方が参加し、子供たちにはバルーンアートとお菓子のつかみ取りのプレゼントもありました。参加者からは「日頃の消防団の活動が分かった」「応急救護が体験できてよかった」「また次回の開催を希望する」などの声がありました。

マリオ鬼の出現で盛り上がった「カフェカトレアの節分」

 1月31日(水)午前と午後の2回に分けて、恒例の豆まきを行いました。今年は午後の部で嬉しいハプニングがありました。鬼に扮したカフェやセンターのスタッフに混じって、なんと!マリオのコスプレの鬼が登場したのです。子供たちは、大喜びでマリオ鬼めがけて豆をぶつけていました。クッキーとピーナッツ付きのコーヒー・紅茶を楽しんだうえに、鬼退治もできたお客さまにとって、きっと素敵な節分になったことでしょう。

今年も暖かい甘酒が大好評!「八幡神社初詣」

  参道で初詣を待ちわびる参拝者の長い列が、午前0時を告げる太鼓の音とともに参拝に動き出しました。境内では今年担当の中町会の皆さんが作った甘酒が、冷えた参拝者の体を温めてくれました。甘酒の準備は20時から始め、初詣が開始された1時間後には約900杯が出て終了しました。中町会の皆さん、寒い中本当にご苦労さまでした。

information

中野区大和区民活動センター

運営委員会:制作・著作

〒165-0034
東京都中野区大和町2-44-6
TEL.03-3339-6125
FAX.03-3339-6126
E-mail
nakano_yamato@coast.ocn.ne.jp
URL
http://www.nakano-yamato.gr.jp/

大和区民活動センターのキャラクター,大(ダイちゃん)と和(ナゴミちゃん)です。どうぞよろしく!


    <ダイちゃん>

   <ナゴミちゃん>

















公式サイト 
中野区役所
 野方警察署
 野方消防署
第四中学校
 啓明小学校
美鳩小学校
 やはた幼稚園
大和幼稚園 
大和児童館 
大和西児童館 
大和東保育園 
七海保育園 
大和保育園 
にじいろ保育園 
おうち保育園なかの大和 
TAC未来こども保育園大和町 
子ごころ園大和町 
 
ホームページポリシー