本文へスキップ

地域の皆様のコミュニティセンター

大和区民活動センター

ようこそ!大和区民活動センター運営委員会です。


大和区民活動センター運営委員会のホームページにようこそ!
大和地域の情報や運営委員会の事業、大和区民活動センターの窓口情報などをお知らせしています。
ぜひご活用ください。

Information ーお知らせ 


■更新しました■

 ●2017・7・24 目いっぱい楽しかったね!「八幡神社祭礼」
 ●2017・7・24 心安らぐ懐かしい風景画「松本庸行・水彩画展」<大和ギャラリー>
 ●2017・7・14 第67回社会を明るくする運動「スマートフォンによるインターネットの危険性」
 ●2017・7・10 私たちの町が誇りに思える「大和町の棟方志功」<大和ギャラリー>
 ●2017・7・7 可愛い願いごとがいっぱいでした「大和の七夕飾り」

お願い
「大和町文化財を守る会」から
   お願いがあります。

  中央通りの拡張工事などで、大和町の貴重な資料が失われることを心配しています。

●大和町の古い写真などをお持ちでしたら、ぜひ貸してください。
●町の昔を知っている方、ぜひお話などを聞かせてください。


ご協力いただける場合は、まず下記までご連絡をお願いします。
<連絡先>大和区民活動センター☎(3339)6125
大和町文化財を守る会・近藤敏明☎(6303)8850
 
旧大和小で保存されていた鹿鳴館の礎石

<掲載履歴>
6月27日~7月8日   可愛い願いごとがいっぱいでした「大和の七夕飾り」
6月25日   大人と四中生の協力で大成功!「大和地区町会連合会合同防災訓練」
5月27日   5町会の共同作業「日赤炊き出し訓練」
5月25日   大和区民活動センター運営委員会「第8期 定期総会」がおこなわれました
4月17日~5月6日   園児からお年寄りまでが楽しんでくれました「大和の端午の節句」
3月11日   町会の方々の美味しい触れあいイベントでした「東町会・芋煮会」
3月1日   甘酒・雛あられ・桜餅でお祝いした「カフェ・カトレアの雛まつり」
2月8日   参加された方々からは高評価をいただいた「知って得する防災講座」
2月7日   町会同士の絆を深めました「大和町町会連合会新年会」
2月1日   元気に鬼は~外!「カフェ・カトレアの節分」
1月10日~31日   1月は大和分団の担当でした「日赤奉仕活動」
2017年1月1日   身も心も温まりました「八幡神社初詣」
12月25日~29日   5町会の仕事納め「年末地域安全活動」
12月14日・21日  一足早いサンタさんの登場でした「 クリスマスがいっぱい!」
11月27日  好評でした! 子育てママの休憩タイム「クラシックミニコンサート」
10月9日~23日   今年で最後の大和小での運動会は大盛況!<第41回>「大和地区まつり」
9月21日~30日  町民の方々の安全を願って「秋の交通安全運動」 
9月12日   笑って、体操をして、心と体の健康イベント「敬老の集い」
7月23日・24日   近年にない盛り上がりを見せた「八幡神社祭礼」
6月28日~7月16日  織姫参上!彦星も?「大和の七夕まつり」
 2016年7月3日  今年もお父さん、お母さんが大活躍!「大和地区合同防災訓練」

可愛い願いごとがいっぱいでした「大和の七夕飾り」

  6月27日から7月8日まで、センター1階のロビー・ギャラリー・カフェカトレアが一体になって催す恒例の「大和の七夕飾り」が開催されました。今回は、特に子供たちが短冊にたくさん願いごとを書いてくれて、何度も短冊を補充するほどの人気でした。カフェカトレアのオープン日には、約70名のお年寄り同士や家族連れで賑わい、楽しい一日を過ごされていました。
 

大人と四中生の協力で大成功!「大和地区町会連合会合同防災訓練」

 6月25日(日)は雨天のため第四中学校体育館で、町会・自治会・野方消防署大和出張所・野方消防団第5分団など199名の参加で「大和地区町会連合会合同防災訓練」を行いました。
 町会・自治会が机やいすの移動・資機材設置などの役割を分担し、9時からの開会式の後、阪神淡路大震災・東日本大震災を踏まえた震災対策のDVDを視聴・学習をしました。その後、2班に分かれ簡易トイレ設置などの避難所資機材訓練と、三角巾包帯法などの応急救護訓練を交互に行いました。第四中学校の生徒たちも熱心に応急担架作成などの救護訓練に参加しました。訓練の最後は、野方消防署の警防課長の講評、大和地区町会連合会会長の挨拶で締めくくり、無事に熱心な訓練ができた有意義な一日でした。

5町会の共同作業「日赤炊き出し訓練」

 五月晴れの5月27日(土)10:00から、大和北公園で5町会101名の参加のもと、炊飯作業を実施しました。150人分の透水袋に米を詰め、5つの湯釜それぞれに投入し約25分で炊き上がり、さらに20分の蒸らしで完成。
その間、手の空いた方は消防署の指導で、ポンプを使った放水訓練や三角巾での応急手当を習得しました。参加された皆さんには、災害対策の大切さを実感された有意義な一日でした。

大和区民活動センター運営委員会「第8期 定例総会」が行われました。

 5月25日(木)大和区民活動センターにおいて、第8期の運営委員会定期総会が行われました。運営委員会会長と鷺宮すこやか福祉センターの所長・副参事のご挨拶の後、選出された議長のもとで議案審議が開始されました。まずは委員の承認と役員の改正(選出された役員・委員はこのページ上段の「ご報告」をご覧ください)次に28年度業務・収支決算の報告があり、29年度事業計画案・予算案へと審議を進め、最後に大和区民活動センター運営方針と運営ルールを確認して終会となりました。19:00から始まった総会でしたが、真剣に審議・議論をしてくださった皆さま、本当にご苦労さまでした。

園児からお年寄りまでが楽しんでくれました「大和の端午の節句」

 恒例の端午の節句飾りが、センターの1階ロビーで4月17日から5月6日まで開催されました。センターの正面入り口では、7匹の鯉のぼりと吹き流しが、皆さんを元気よくお出迎えしてくれました。近所の保育園の子供たちが、お行儀よく節句飾りに見入っているのを、お年寄りは微笑ましく眺めていました。4月26日オープンのカフェ・カトレアではコーヒー・紅茶に柏餅のサービスがあり73名のお客さまで賑わいました。今年も和やかな端午の節句でした。
 


町会の方々の美味しい触れあいイベントでした「東町会・芋煮会」

 毎年恒例の「芋煮会」を3月11日(土)に早稲田通り公園で開催しました。災害時の炊き出し訓練を兼ね、おにぎりと豚汁を作りました。好天にも恵まれ、幼児からお年寄りまで多くの方々が参加して親睦を深め、東日本大震災の日とも重なった今年の「芋煮会」は、とても有意義な一日になりました。
 

甘酒・雛あられ・桜餅でお祝いした「カフェ・カトレアの雛まつり」」

  3月1日(水)のオープン日に恒例の「雛まつり」が行われました。今年は甘酒と雛あられのセットと、コーヒー・紅茶に桜餅のセットがメニューとして用意されました。
 あいにく曇り空の寒い日で、例年に比べ76人とお客さまはやや少なめでしたが、若いママさんたちの明るい笑い声が雛飾りに華を添えてくれました。今回のメニューの中では、コーヒーと桜餅のセットが人気だったようです。
 

参加された方々からは高評価をいただいた「知って得する防災講座」

  2月8日(水)大和区民活動センターの洋室2・3号室で開催された「知って得する防災講座」には、53名の参加がありました。第1部は上高田住民フォーラムさんが”災害時のトイレ”について説明してくださいました。中でも好評だったのは、自宅で簡単に作れて園芸用の肥料にまで利用できる”花咲かすトイレ”でした。アンケートでも「ぜひ試してみたい」という感想をたくさんいただきました。第2部の東京ガスさんは、電気とガスによる火災の危険性についてのお話でした。地震が発生した時のガス器具への対応や、電気コードとソケットに対する火災防止のチェックポイントなどに、皆さんは大きくうなづいていました。帰り際に提出していただいたアンケートでは、1部・2部とも「良かった」の評価が約94%で、講座に参加して災害時に命を守る行動が「出来る」と答えた方は、約80%もいらっしゃいました。やって良かった、参加して良かった、と感じることができた防災講座でした。
 


 町会同士の絆を深めました「大和町町会連合会新年会」

  2月7日(火)18:00から高円寺の中華料理店<豊味苑>にて大和町5町会(東町会・西部自治会・北協和会・中町会・一和町会)の新年懇親会が開催されました。日頃は親睦を図る機会があまり無いので、年に一度の懇親会を機に他町会の方々と顔見知りとなり、親睦を深めることを目的として毎年開催されています。
 参加者は64名で、区議会選挙・都議会議員・元都議会議員・衆議院議員の方々も参加され、挨拶をしていただきました。最初は各町会ごとに席についていた方も、会が進むにつれグラスを片手に席を移動し、町会の垣根を超え和やかな雰囲気で2時間があっという間に過ぎました。大和町の方々の団結の強さを感じた懇親会でした。



元気に鬼は~外!「カフェ・カトレアの節分」


  ホール・大和ギャラリー・カフェカトレアが一体になって開催した節分のイベント。町会のおじさんとスタッフが扮する鬼に撒く豆に、今回は工夫がありました。午前と午後の2回の豆まきの後片付けを考えて、大豆を透明な小袋に入れました。鬼に扮して豆をぶつけられた人は、豆の塊は痛かったようです。この日集まった53名のお客さんは、童心に返ったようにはしゃいでいましたよ。



1月は大和分団の担当でした「日赤奉仕活動」

  日赤奉仕団大和分団のうち、中町会を除いた4町会が、1月10日(一和町会)17日(北協和会)24日(西部自治会)のスケジュールでボランティア活動を中野友愛ホームで行いました。各町会から3人ずつ参加し、洗濯した衣類を畳んだり整理をするお手伝いをしました。
 

身も心も温まりました「八幡神社初詣」

  2016年が2017年に変わると同時に参道に並んだ人々の初詣が開始されました。冷えた体を温めてくれたのは、嬉しい恒例の甘酒サービスでした。今年は西部自治会が当番で、伊藤英男会長をはじめ20名の方々が甘酒作りと接客に精を出していました。用意した約600杯の甘酒は、1時間半後には無くなるほどの人気で、初詣の皆さんには嬉しいサービスでした。
 

5町会の仕事納め「年末地域安全活動」

 年の瀬も押し詰まった12月最後の週に、5町会それぞれが地域安全活動を行いました。野方警察署・野方消防署と消防団の指導のもと「火の用心」と「安全パトロール」を兼ねて打ち鳴らす拍子木の音が、頼もしく暮れの夜空に響き渡りました。町会の皆さん、本当にご苦労様でした。
 

一足早いサンタさんの登場でした「クリスマスがいっぱい!」

  大和区民活動センター1階ホールで、毎週水曜日にオープンしている地域のコミュニティカフェ
「カフェ・カトレア」で、12月14日と21日にクリスマスイベントとして、スタッフがサンタさんに
扮して来店した皆さんを驚かせました。21日はスタッフから、日頃ご愛顧いただいている方々への
クリスマスプレゼントとして、いつものお菓子の代わりにショートケーキが振る舞われました。
 ホールには大小のツリーと壁・天井一面にクリスマスの装飾が飾られ、カフェはクリスマスムード一色に包まれていました。サンタさんは、みんなにクリスマス気分を味わってもらうため各テーブルを回り、冬休みになってお母さんと一緒に来ていた小さなお子さんたちは、大喜びでした。
 82人の地域の方々に来店していただき、ホールは冬とは思えぬほどの熱気に溢れ、皆で一足早いクリスマスをお祝いしました。
     

今年で2回目の女性へのプレゼント企画「子育てママの休憩タイム・クラシックミニコンサート」

  11月27日(日)10:30~11:30まで、大和区民活動センター地下1階音楽室にて、子育てママとクラシック音楽に興味のある女性を対象に「子育てママの休憩タイム・クラシックミニコンサート」を開催しました。掲示板にPRポスターを貼り出し、幼稚園・保育園・児童館にポスターを置いてもらったおかげで応募者が定員をオーバーし、16名の方に参加いただきました。一時保育も定員は6名でしたが、開催が休日ということもあり応募者が10名になりました。お母さんと離れるときは不安そうな顔で泣いてしまうお子さんもいましたが、ベビーシッターさんがあやしたり抱っこしたりすると、やがて笑顔になり、おもちゃや折り紙などで遊んですごしていました。

 今年は、武蔵野音楽大学大学院に在籍されているピアニストの野川かおるさんが演奏してくださいました。実は、PRポスターの女性は、同じ武蔵野音楽大学大学院の上坂愛美さんというピアニストさんですが、あれ?と思われたかもしれません。と言うのも上坂さんは当日体調不良により、残念ながら出演が叶わなくなってしまったのです。
急遽、野川かおるさんが出演を引き受けてくださり、突然のお願いにも拘わらず素敵なピアノ演奏と、演奏の合間に曲紹介や曲ができた背景、グランドピアノとアップライトピアノの違いなど、大変興味深いお話も披露してくださいました。
 参加された方々は、クラシック音楽・ディズニー音楽・クリスマス音楽と馴染みのある曲を素敵なピアノ演奏で聴き、休憩時間にはカフェカトレアのスタッフさんが入れてくれたお茶とケーキをいただき、日頃の子育てや家事・仕事の疲れを癒せたのではないでしょうか?「来年も、ぜひ開催してください」という意見を多数いただきました。
 


今年で最後の大和小での運動会は大盛況!<第41回>「大和地区まつり」

 まつりのトップを切って10月9日(日)に開催された「ダンスパーティ」。30名以上の男女がフリータイム・ミキシング・トライアルと次々に踊る姿は華麗で、見る人々を圧倒しました。「卓球大会」と「ソフトボール大会」は共に10月10日(月・祝)第四中学校で開催され「卓球大会」は体育館に100名を超える選手・観客が集まりました。9チームによるチーム戦のほか、男子ダブルス・女子ダブルス・ミックスダブルスで優勝者が表彰されました。「ソフトボール大会」は参加6チームを2グループに分け、それぞれの1位チーム同士が優勝を争い、延長戦にもつれ込む大熱戦を展開しました。
   
 10月16日(日)に大和小学校で行われた「運動会」は、午前10時の開会式で幕が上がりました。全員で準備体操をしたあと、小・中学生が対象の「障害物競走」「大玉ころがし」や「つなひき」杉の子大和と高齢者の「紅白玉入れ」乳幼児・小学校低学年の「どってんころりん」小学3年生以上と大人が参加した「地域対抗リレー」など、地区まつりらしい種目が並びました。昼休みには、やまと太鼓やチアダンスが披露され、400人を超える参加者を集めた大和小で最後の運動会は、華やかに幕を閉じました。
   
   
 大和区民活動センターで10月29日(土)・30日(日)の2日間行われた「文化祭」は、29日午前10時の開会式からスタートしました。12時からは、地区まつりのメインイベント「ふれあいステージ」が始まりやまと太鼓・ヒップホップダンス・演劇・タロット占い・手話リズムダンス・スポーツチャンバラ・ジャグリング・合唱・バンド演奏・紙芝居など、多彩な演目で観客を楽しませてくれました。また、この日はセンターの前庭で「輪投げ競技会」も行われ、お子さんからお年寄りまで、的をめがけて懸命に輪を投げていました。30日には「囲碁教室」と「カラオケくらぶ」があり、趣味にしている参加者で賑わい、前庭では「杉の子バザー」に多くの人々が集まりました。
 両日を通して行われた「作品展」には、町内の小・中学校やセンターで活動しているサークルの絵画・書道・手芸・生け花・クラフトの作品のほか、大和町文化財を守る会のパネルなどが会場いっぱいに展示されました。
また、和服姿の女性がお茶をたててくれる「お茶席」には約200名の参加があり、さらにお客さんで賑わった「喫茶コーナー」は、2日間で約550名もの集客でごった返すほどでした。
 今年で41回を数える「大和地区まつり」は、恒例行事として大和町の皆さんに愛されています。企画者の実行委員会は、これからも世代を超えて触れ合えるイベント企画を続けていくそうです。
   

町民の方々の安全を願って「秋の交通安全運動」

 野方交通安全協会の主催で、春と秋の年2回行われる交通安全運動。今年の秋の運動は9月21日~30日の10日間にわたり行われました。各町会・自治会の方々により、午前・午後に町内を巡回し、事故のない安全な町づくりへの協力をアピールしました。   

笑って、体操をして、心と体の健康イベント「敬老の集い」

  9月12日(月)13:00~15:00まで、大和区民活動センター地下1階レクホールで「敬老の集い」が開催されました。大和地域に住む60歳以上の方が対象で、46名の方が参加されました。
 今年は新たに「かみいた落語塾」から美分亭せん公さんをお招きし、落語を口演していただきました。政治から健康の話題まで、幅広い分野の話題を織り交ぜたテンポの良い語りで、会場中に笑いが絶えませんでした。
 落語の次は、毎年恒例の野方警察のふれあいポリスによる「振り込め詐欺撲滅寸劇」でした。おばあちゃん役が板についた小西さんと、詐欺師役で迫力のある鈴木さんとの息の合ったコントで、参加者の方々はお腹を抱えて笑っていました。
 15分の休憩を挟んで、最後は大和公園ラジオ体操会のリーダー小野口夫妻と、中野区ラジオ体操連盟会長横山先生の指導による「みんなの体操」でした。小野口さんと横山先生が、体操の動きと体の関係を丁寧に説明しながら指導してくださり、参加者の方々は座ったままの体操で「リラックスでき、体が軽くなった」と言う感想を多数いただきました。
 大いに笑い、体を動かし、2時間はあっという間に過ぎました。参加者の方々はお土産を手に、軽やかな足取りで会場を後にしました。
 
   

近年にない盛り上がりを見せた「八幡神社祭礼」

 7月23日(土)24日(日)の2日間、恒例の「八幡神社祭礼」が晴天のもと行われました。2日間通して神社の境内では盆踊りとライブダンスが行われ、参道には露店が並び、大勢の子どもたちや親子連れで賑わいました。そして最大行事のお神輿巡行は、11:00に中央通早稲田通り交差点をスタートし、川北橋で折り返し八幡通りを経て14:00に神社に戻る、いつものコースで終了しました。多くの子どもたちが大太鼓山車を引き、地元PTA・おやじの会の皆さんが大神輿を担ぎ、初めて地元の皆さんだけでやり遂げた巡行でした。
 学校が夏休みに入って最初の土・日だったせいか、親子連れが多く沿道の人たちも含めると約400~500名もの参加者で
、大いに盛り上がりました。

   

織姫参上!彦星も?「大和の七夕まつり」

 6月28日(火)~7月16日(土)の期間、1階ロビーは七夕一色に染められました。正面の壁には天の川が流れ、短冊で飾りつけられた笹が一層雰囲気を盛り上げました。
カフェ・カトレアのオープン日には、今年もスタッフが扮した織姫が登場。テーブルのお客さんは、写真を撮ったり「誰か彦星はいないのか?」などの歓声も上がり、引っ張りだこの織姫でした。

   

今年もお父さん、お母さんが大活躍!「大和地区合同防災訓練」

 7月3日(日)曇り空の下201名の参加者を集めて、午前9:00から第四中学校で「大和地区町会連合会合同防災訓練」を行いました。訓練を円滑に進めるために、各町会を3つのグループに分けて役割分担を決め校庭では簡易トイレの設置やスタンドパイプの使い方・初期消火訓練を行いましたが、給水制限中のため放水なしの訓練でした。炊出し訓練で作ったご飯はレトルトカレーと一緒に、参加者に配られました。体育館では、心臓マッサージとAEDの訓練に多くの方が参加してくれました。また、中学生たちにとっては民生委員さんが指導してくれた、車椅子の誘導訓練が貴重な体験になったことでしょう。訓練の最後は、野方消防団第5分団の見事なポンプ操法(放水なし)で締めくくられました。

   

information

中野区大和区民活動センター

運営委員会:制作・著作

〒165-0034
東京都中野区大和町2-44-6
TEL.03-3339-6125
FAX.03-3339-6126
E-mail
nakano_yamato@coast.ocn.ne.jp
URL
http://www.nakano-yamato.gr.jp/

大和区民活動センターのキャラクター,大(ダイちゃん)と和(ナゴミちゃん)です。どうぞよろしく!


    <ダイちゃん>

   <ナゴミちゃん>















公式サイト 
中野区役所
 野方消防署
第四中学校
 啓明小学校
美鳩小学校